頭皮の湿疹

洗髪は、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もあります。痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。酷いときは、ネットで見かけるような画像のように症状が進行します。頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方とし...

頭皮の湿疹

症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、...

頭皮の湿疹

また外部の刺激に強く健全な頭皮にすることが大切です。そのために意識すべきことをお話しします。ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることがとて...

頭皮の湿疹

それらが毛穴に残ってしまって起きます。ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を餌として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のためにきび...

頭皮の湿疹

むしろ頭皮が赤いと何らかの異常があります。赤い頭皮は血流が悪い事を意味し、血流が悪いと頭皮トラブルのきっかけになりやすいです。顔色ならば、運動をしたり長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。でも頭皮の場合は事情が違います。というのは、頭皮は一番てっぺんにあり血管が細くもともと血流が悪いの...

頭皮の湿疹

痒みがあるということは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛が目立ち始めると薄毛になってしまう危険があります。子供でも同様に治し方を間違えると痛い・かゆいが治らないことも考えられます。...

頭皮の湿疹

まずはシャンプー前にブラッシングです。次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。そのうえでシャンプー剤を付けますが、手で泡を作ります。シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。できものやニキビができている箇所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。健康な個所は、指の腹でマッサージ...

頭皮の湿疹

同時に外部の刺激に強く健康な皮膚にすることが大切です。それを実現するためにできることをお話しします。ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。以上です。総じていえば生活習慣を見直し...

頭皮の湿疹

赤い部分は炎症なので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を含有した商品は避けるべきです。全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはない...

頭皮の湿疹

免疫力工場は、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすい肌にします。では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがいくつかありますので、ご紹介します。体に適度にフィットする枕やマット...