『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、

「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただ、掻くという行為は肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合はシャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を小さくする方が良いです。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が過敏になることで、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方がわからないならば、皮膚科医を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは特に痛くないと病気としてとらえない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、排せつ物が頭皮を刺激し、炎症からなるものです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも処方薬でも薬で対処する方が治りは早いですね。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こす原因となるわけです。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂の分泌が増え、増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。