ご参考までに痒みのメカニズムのお話しです。

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると動き出す物質です。

 

 

炎症が起きている皮膚の中では、「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」が集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を作り出します。

 

それらの物質が「かゆみ神経」を刺激することで「かゆい」という感覚が生まれます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは続くということです。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛の対策につながります。

 

痒みがあるということは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)考えられますので、頭皮のかゆみを放っておくともっとひどくなり、抜け毛が目立ち始めると薄毛になるケースがあります。

 

子供でも同様に間違った治し方だとかゆい痛いが治らない事例もありました。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛に直結ということではないですが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスの姓で自律神経が乱れること刺激が強すぎるシャンプー剤などがあり、それらは薄毛を発症させることもあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬でかゆみなしとなっても痒みを軽く考えず、何日か続く場合は皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

赤いブツブツと強い痒みがあるなら国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気の可能性もあります。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みを覚えます。

 

人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬よりノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒みで判断するよりも肌の見た目で判断するようです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と似ているので専門医ですら判断するのが難しく、素人ではほぼ無理です。

 

予防のためには、まず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

 

余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。