もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎によるものならば、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、

清潔な頭皮を維持することです。

 

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

次に刺激の少ないシャンプーをよく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、ゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしてください。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは禁物です。

 

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方にしたいと思った場合、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と思われます。

 

ターンオーバーとは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥に弱い刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

頭皮に限らず肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌とマラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。