ニキビやできものが頭皮にできてしまったら最初に試す価値があるのは、

現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

 

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくすことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか探るために刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激というのは代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を餌として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が密集している上にたくさん皮脂量があるので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい環境になっています。

 

また、頭は髪が多いので、角質や皮脂など汚れが付きやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

○○硫酸は、洗う力は強いのですが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮の免疫力が落ちて炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

口コミなどを参考にシャンプー選びに注意して利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方はしない方が無難です。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を洗い残すと頭皮に炎症ができてしまう原因にになってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯でよくすすぎます。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、掌でしっかりと泡立て、泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

 

できものがある個所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

健康な個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

水分は、タオルで押さえるようにして水分を吸い取るようにしましょう。

 

後は、ドライヤーで髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎ厳禁です。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

 

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、普段は停止状態ですがケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

炎症が起きている皮膚の中では、ヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものがたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が作り出します。

 

それらが「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは続くということです。