ニキビやできものが頭皮にできた場合、最初に試す価値があるのは、

現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭皮が赤い症状というのは、炎症も併発している可能性があり、具合によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって発症します。

 

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症からなるものです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でも薬で対処する方が治りは早いですね。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

頭皮に赤い部分があるときの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーは、その用途から洗浄力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの商品で硫酸系の成分を利用しています。

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を引き起こします。

 

そのようなシャンプーは毎回使うことで頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも無条件には安心できません。

 

その洗浄成分にはいろいろ性質が違うので、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプー選びに注意して利用しましょう。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てて洗ったりなど、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、しない方が無難です。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、シャンプー後のすすぎが不十分で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因なるでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地上に降り注いでいますので、天気に関係なく外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることが大切です。

 

そのためには皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、根本的には、生活習慣の改善が必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが原因になりますので、それらに注意また改善の努力が必要です。