フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と考えられます。

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥に弱い敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと古い角質が肌の表面に残るので、くすんだ肌に見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

 

洗髪は、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もあります。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように症状が進行します。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症がなかなか治らないという場合は、枕と炎症部分がこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

枕カバーは清潔にするよう心掛け、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

案外見過ごせないのは抜け毛がある子供です。

 

かゆい、痛い等と症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

天気に関係なく外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に届かないように心がけます。

 

そもそも紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することは重要です。

 

だから皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが原因になりますので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

 

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

 

次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

健康な個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

 

その後に必ずドライヤーを使って頭皮と髪の毛を乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、それはできものができやすいことを意味しますので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付かないことに越したことはありません。