フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と考えられます。

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥し、刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

人の肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

 

増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にきびは、どんな違いがあるでしょう。

 

かゆい思いをするのが同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治りにくいと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、症状は同じです。

 

顔面と頭皮、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いとにきびはできます。

 

頭皮については、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔にできるにきびのように目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力がアップします。

 

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力アップは、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすい肌にします。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

今日からできることがありますので、お伝えしましょう。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、睡眠の質を上げることができます。