脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

 

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺や汗腺がとても多く常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、まさに肌トラブルと同じだと認識しましょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いと感じたら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

 

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。

 

頭皮が赤いということは血流が悪い事を意味し、血流が悪いと頭皮トラブルのきっかけになりやすいです。

 

顔色ならば、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

 

でも頭皮の場合は事情が違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、また血管が細いし、もともと血流が悪いので白いのです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮に赤みがあると血行不良で皮膚が異常な状態にあると言えます。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、シャンプーと保湿が大切です。

 

洗髪は、頭皮の脂を取ることに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もします。

 

痒みが出るときもあるので、無意識に掻いては治まりの繰り返しで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように症状が進行します。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーがこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

案外見過ごせないのは抜け毛がある子供です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

対策を行う必要があります。

 

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。