赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

頭皮の炎症は、主に2つの原因があります。

 

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

 

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことです。

 

適度な皮脂は、頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする機能があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を発症しやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や正しくない洗髪で、その量がないくらい洗い流してしまった場合などは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線のせいで炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と思われます。

 

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で肌の角質に変わります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥し、刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

痒みがあるということは、頭皮のトラブルが(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、頭皮のかゆみを放っておくともっとひどくなり、抜け毛、ひいては薄毛になってしまう危険があります。

 

それは子供でも同じで、間違った治し方だと痛い・かゆいが治らないこともありました。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること間違ったシャンプーなどが考えられ、結果的に薄毛を発症させることもあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなっても痒みを軽く考えず、何日か続く場合は専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

 

それと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力アップは、できものやニキビができにくい肌にし、正常なターンオーバーは、ニキビやできものができても治りやすい肌にします。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがいくつかありますので、ご紹介します。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝る前2時間は食事をしないこと。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。