赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があります。

 

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことという点です。

 

適度な皮脂は、頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激してしまうというわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤や正しくない洗髪で、その量がないくらい取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そういった状態で紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで頭皮に炎症が起きることとなります。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

むしろ頭皮が赤いと何らかの異常があります。

 

頭皮が赤いということは血流が悪い事を意味し、血流が悪いと頭皮トラブルのきっかけになりやすいです。

 

顔色ならば、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

 

でも頭皮の場合はちょっと違います。

 

というのは、頭皮は一番てっぺんにあり血管が細く血行が悪いため白いわけです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮に赤みがあるとむしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもというわけです。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、正常なターンオーバーは、ニキビやできものができても治りやすい肌にします。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今日からできることがありますので、お伝えしましょう。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝る前2時間は食事をしないこと。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このようなことが熟睡するコツで、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるかご存知ですか?

 

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治らないと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、医学上は同じです。

 

顔面と頭皮、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔面のにきびほど目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。