赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があると言われています。

 

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいは食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないです。

 

皮脂が頭皮に適量あると紫外線や乾燥から影響されないようにする機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激する原因というわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その量がないくらい洗い流してしまった場合などは、頭皮が皮脂によって守られる作用が小さくなったことを意味します。

 

そういった状態で紫外線を浴びれば、その紫外線のせいで頭皮に炎症が起きるというわけです。

 

 

 

 

 

知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

 

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を生み出しています。

 

それらが「かゆみ神経」を刺激することで「かゆい」という感覚が生まれます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは繰り返されるということです。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは禁物です。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮を優しくまんべんなく洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

これにより頭皮の湿疹が治らないということがないようにしましょう。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、ケアの注意点はシャンプーと保湿です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科の受信は外せないですね。

 

時には、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺や汗腺がとても多く分泌も活発です。

 

頭皮の皮脂腺については、体の中で頭皮が一番多くその数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供でさえ痛い、かゆいと感じたら抜け毛の心配が必要です。