頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできてしまったらまず最初にすることは現在使っているシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

できものができてしまった頭皮からできるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか探るために低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れは適度に落ち、頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__赤いブツブツと強い痒みがあるなら日本皮膚科学会によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みが出ます。

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりも角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと似ているので専門医ですら判断するのが難しく、まして素人ではまず判断することはできません。

 

予防のためには、誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)考えられますので、頭皮のかゆみを放っておくとますます状況が悪くなって、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

子供でも同様に治し方を間違えるとかゆい痛いが治らない事例もありました。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスや自律神経の乱れ、間違ったシャンプーなどが考えられ、それらは薄毛を発症させることもあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬でかゆみなしとなってもたかがかゆみと軽視しないで、様子を見て専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。