頭にできるニキビは、余分な脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

また外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが大切です。

 

 

それを実現するためにできることをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

総じていえば生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

 

シャンプーは、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もあります。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるの繰り返しで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷いときは、ネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

後頭部に炎症ができて治らないときは、枕と炎症部分がこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

意外と気づかないのは、抜け毛がある子供です。

 

かゆい、痛い等と言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって起こります。

 

フケや痒みについては、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、その代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でもいずれにしても薬を使った方が治りは早いですね。

 

治らないということはまずありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは、皮脂の過剰分泌を誘発し、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。

 

「この方法なら誰でも発散できる」というのはありませんが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本になります。

 

ストレスの原因が、たとえば家の外であれば、自分だけの場所や時間を探し出すことで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、良くも悪くも割り切って認めることからスタートしてみませんか?

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなるだけでも改善が期待できますので、ストレスをちょっとでも発散できる方法を探してみませんか?