頭にできるニキビは、皮脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが大切です。

同時に外部の刺激に強く健全な頭皮にすることが重要です。

 

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする、等です。

 

総じていえば生活習慣を見直して、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にきびは、どんな違いがあるでしょう。

 

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治りにくいと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が少なくないのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、医学上は同じです。

 

顔と頭、原因はどちらも毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、赤く吹き出ます。

 

頭皮については、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔にできるにきびのように目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そういったことで、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、それらが毛穴に残ってしまって起きます。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が密集している上にたくさん皮脂量があるので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい環境になっています。

 

また、頭は髪が多いので、角質や皮脂など汚れが付きやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になっているのは、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である可能性があります。

 

頭皮の炎症は、主に2つの原因があります。

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいは食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどがが考えられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないという点です。

 

皮脂が頭皮に適量あると頭皮を外部の刺激や乾燥から守る機能があります。

 

問題なのは過剰にあることで、そのままにしておくと酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激してしまうになるわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線の影響を発症しやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤や間違った洗髪のやり方によって、その必要量がないくらい洗い流してしまった場合などは、頭皮を守る皮脂の力が小さくなったことを意味します。

 

そういった状態で紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで炎症が発症することとなります。