頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが大切です。

また外部の刺激に強く健康な皮膚にすることが重要です。

 

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

 

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

 

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

健康な個所は、指の腹でマッサージをしながら洗っていいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

後は、ドライヤーを使って頭皮と髪の毛を乾かします。

 

生乾きの状態は常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、なかなか直視できないです。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、清潔さを維持しながらも頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方も不明の場合は、皮膚科医を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしないとドラッグストアの市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言うときがありますが、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、大きく分けて2つの原因があると言われています。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

皮脂の過剰分泌のだいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

 

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないです。

 

皮脂が頭皮に適量あると頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、そのままにしておくと皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激してしまうというわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤や間違った洗髪のやり方によって、その量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そういった状態で紫外線を浴びれば、その紫外線の影響で炎症が発症するというわけです。