頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、

毛穴にそれらが留まってしまうことで起きます。

 

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい環境になっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合はシャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、清潔さを維持しながらも頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

自分では原因がわからない、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言うときがありますが、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできた場合、まず最初にすることはいつものシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

できものができてしまった頭皮からできるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因になっているかどうか確認するため、低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、二日に1回にしてみます。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__ご参考までに痒みのメカニズムのお話しです。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

炎症が起きている皮膚の中では、ヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を作り出します。

 

それらが「かゆみ神経」を刺激することで「かゆい」という感覚が生まれます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは続くというメカニズムです。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外にご自身ができるのは、清潔な頭皮を維持することです。

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、よく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

泡はお湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしてください。