頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、

それらが毛穴に残ってしまって起きます。

 

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を餌として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のためにきびができやすい環境になっています。

 

また、頭は髪が多いので、角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

頭から出る白いかさぶたは、肌再生が正常に行われていないことが原因と考えられます。

 

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて肌の角質に変わります。

 

この肌の循環の周期が短くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥し、刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力を向上させ、肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力工場は、できものやニキビができにくい肌にし、正常なターンオーバーは、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

今日からできることがいくつかありますので、ご紹介します。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?

 

時には、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

頭皮には、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、体の中で頭皮が一番多く顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮のトラブルもそれ以外の肌のトラブルも同じだと認識しましょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供でさえ痛い、かゆいというなら抜け毛の心配が必要です。