頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

シャンプーは、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もあります。

 

 

痒みが出るときもあるので、無意識に掻いては治まりを繰り返すことで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷いときは、ネットで検索できるような画像と同じように発症することもあります。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーが擦れることで、それが原因になることがあります。

 

枕カバーは清潔にするよう心掛け、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビなどのできものができた場合、まず最初にすることはいつものシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか確認するため、低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れは適度に落ち、頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__男性も女性も生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの治し方は原因をなくすことが大切で、少なくても頭皮を清潔(画像)にすることですからそのためシャンプーは必須です。

 

たとえば、頭痛があってフケだらけなら市販薬では治らないケースがほとんどで、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮にニキビがたくさんできた、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、シャンプー方法を見直しましょう。

 

大事なことは、どんな成分でもシャンプー市販剤を直接地肌につけないこと、毛穴に詰まった汚れはしっかりとること、地肌に爪を立てず指の腹で洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは頭皮や髪にに残らないように十分にすすいで終わらせることです。

 

シャンプー後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

 

むしろ頭皮が赤いとトラブルが起きているかもしれません。

 

頭皮が赤いということは血流が悪い事を意味し、血流が悪いと頭皮トラブルの原因になります。

 

顔色ならば、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

 

でも頭皮の場合はちょっと違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、血管が細く血行が悪いため白いわけです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮に赤みがあると血行不良で皮膚が異常な状態というわけです。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、大きく分けて2つの原因があります。

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

皮脂の過剰分泌のだいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

 

皮脂が余計にあると炎症になります。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないです。

 

皮脂が頭皮に適量あると紫外線や乾燥から守る役目があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、そのままにしておくと酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因というわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤や正しくない洗髪で、その必要量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで炎症が発症するというわけです。