頭のケアは、保湿と洗髪がポイントです。

洗髪は、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もあります。

 

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷いときは、ネットで見かけるような画像のように症状が進行します。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症がなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーが擦れることで、治りにくいということがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

意外と気づかないのは、抜け毛がある子供です。

 

かゆい、痛い等と言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、増えた皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にきびは、どのように違いがあるかご存知ですか?

 

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治らないと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。

 

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、医学上は同じです。

 

顔面と頭皮、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔にできるにきびのように目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そのような理由で、頭皮にキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

 

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。