頭皮が赤いときの対策は、洗髪全般を見直します。

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は使わない方が無難です。

 

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、使う人との相性が悪いことはないとは言えないので、その点に注意してシャンプー商品を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても再チェックしましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

しっかりシャンプーの泡を作って泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

その後はしっかりすすいで、最後に、トライヤーと髪は15p以上離してしっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

水分は、タオルで押さえるようにして水分を吸い取るようにしましょう。

 

その後に必ずドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎないように注意してください。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

 

シャンプーは、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮は顔と同じで、べたつきも乾燥もします。

 

痒みが出るときもあるので、無意識に掻いては治まりの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

後頭部に炎症ができて治らないときは、患部と枕カバーがこすれ合うことで、それが原因になることがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは禁物です。

 

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプーを適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

泡を流すときは、泡を完全に取りきるようにしっかりを流します。

 

濡れた髪は、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。