頭皮が赤いときの対策は、洗髪全般を再チェックします。

赤い部分は炎症なので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を含有した商品は避けるべきです。

 

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー商品を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も見直しましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

しっかりシャンプーの泡を作って泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)しっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として一番良いことは、触れないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

頭皮にある「できもの」はどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

しっかりと観察できないから指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

しかし、くどいようですが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも、できものができている部分に雑菌が付くとそれによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、主に2つの原因があると言われています。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

 

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことという点です。

 

適度な皮脂は、頭皮を外部の刺激や乾燥から守る役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線のせいで頭皮に炎症が起きるというわけです。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、なかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合は洗髪に原因があり頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方も不明の場合は、皮膚科医を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?