頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、天気に関係なく外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないように心がけます。

 

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することは重要です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、根本的には、生活習慣の改善が必要かもしません。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外に本人ができることは、頭皮の清潔さを保つことです。

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、小さい埃や皮脂は結構洗い流せます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、ゴシゴシや爪を立てることはやめましょう。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしてください。

 

 

 

 

 

頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

 

むしろ頭皮が赤いと何らかの異常があります。

 

赤い頭皮は血流が悪い事を意味し、血流が悪いと頭皮トラブルの原因になります。

 

顔色ならば、運動や入浴で毛細血管が拡張して赤くなります。

 

しかし頭皮は、ちょっと違います。

 

というのは、頭皮は一番てっぺんにありまた血管が細いし、血行が悪いため白いわけです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮に赤みがあるとむしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもにあると言えます。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、シャンプーと保湿が大切です。

 

洗髪は、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮は顔と同じで、べたつきも乾燥もあります。

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷いときは、ネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症がなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーがこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。