頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

 

天気に関係なく外に出るときは、帽子などで紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することが大切です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、根本的には、生活習慣の改善が必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。

 

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

シャンプー前にブラッシング、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのは厳禁です。

 

最後に泡は、十分なお湯を使ってすすぎます。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

男性も女性も生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたとニキビができて痛い・かゆいときの治し方は原因をなくすことが大切で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですから洗髪には注意が必要です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、市販薬では治らないケースがほとんどで、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

 

頭皮にニキビがたくさんできた、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、洗髪のやり方を変えた方がいいと思います。

 

大切なことは、どんな成分でもシャンプー市販剤を直接地肌につけないこと、余分な皮脂はしっかりとること、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、そしてシャンプー剤は毛穴に残らないようにすすぎをしっかりやって流しきることです。

 

洗髪後は、髪を生乾きにしないことが大切です。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めに洗髪全般を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を含有した商品は使わない方が無難です。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほど強い洗浄力はなくても構わないので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言い切れません。

 

そういったことも踏まえた上でシャンプー剤を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても見直しましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

その後はしっかりすすいで、最後に、トライヤーと髪は15p以上離してしっかりと乾かしましょう。