頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、

それらが毛穴に残ってしまって起きます。

 

 

ふさがってしまった毛穴の中で、通性嫌気性菌のアクネ菌が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていてたくさん皮脂量があるので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい環境になっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

肌にできるニキビと頭皮にきびは、どんな違いがあるでしょう。

 

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治らないと思っている人には、不思議な点かもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、症状は同じです。

 

顔と頭、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔でも頭でも条件が揃えば、赤く吹き出ます。

 

頭皮については、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、結構ひどい見た目でまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?

 

治らないときには、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

わかっているつもりでも頭皮に必要な皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺や汗腺がとても多く常に分泌しています。

 

頭皮の皮脂腺については、体の中で頭皮が一番多く顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮に発症したトラブルは、まさに肌トラブルと同じだと認識しましょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供であっても痛い、かゆいと感じたら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

かゆい・痛い頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

基本は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

すすぎは、シャンプー剤を一切残さないようにじっくり2分程度流します。

 

濡れた髪は、タオルドライの後、ドライヤーの熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

これにより頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?