頭皮にニキビなどのできものができてしまったらまず最初にすることはいつものシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

 

シャンプーの刺激が原因なのか確認するため、低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れは適度に落ち、頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__頭皮の赤みの理由とは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーは、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力がアップします。

 

それと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

今日からできることがいくつかありますので、ご紹介します。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは出ないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合はシャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、清潔さを維持しながらもシャンプーの回数を小さくする方が良いです。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

自分では原因がわからない、治し方がわからないならば、皮膚科医を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしないとドラッグストアの市販薬では永遠に治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?