頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスを溜めやすい人です。

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はニキビやできものを作り出す原因となります。

 

 

ストレスは溜めこまずに発散することが大切というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散のやり方がわからないという人が多い傾向でもあります。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本になります。

 

ストレスの原因が、「職場や学校」や「他人」などであれば、その中でも誰にも干渉されない場所を探し出すことで離れやすいと思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、良くも悪くも割り切って認めることからスタートしてみませんか?

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなればなるほど解消されやしので、自分なりのストレス発散の方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるかご存知ですか?

 

痛い思いをするのは同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治りにくいと思っている人には、不思議な点かもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、医学上は同じです。

 

顔と頭、原因はどちらも毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、赤く吹き出ます。

 

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そういったことで、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

 

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、晴天でも雨天でも外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

また、紫外線に負けないよう健康な頭皮にすることは重要です。

 

そのためには皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないように努力します。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、原因になりますので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

男性でも女性でも生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの治し方は原因をなくすことが大切で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですからそのためシャンプーは必須です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、オロナインでは治らないことが多く、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮ニキビができてしまった、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、シャンプー方法を変えた方がいいと思います。

 

大事なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を直接地肌につけないこと、余分な皮脂はきちんと落とすこと、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、そしてシャンプー剤は毛穴に残らないようにすすぎをしっかりやって終わらせることです。

 

シャンプー後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。