頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと特に痛くないと病気としてとらえない人は、

なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなど様々なことをきっかけにして起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症からなるものです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも病院で処方される薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないということはまずありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

頭皮に限らず肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛対策になります。

 

痒みがあるということは、頭皮のトラブルが(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、そのトラブルをそのままにしておけばもっとひどくなり、抜け毛が目立ち始めると薄毛になってしまう危険があります。

 

子供でも同様に治し方を間違えるとかゆい痛いが治らない事例も考えられます。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスの姓で自律神経が乱れること刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、それらは薄毛を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなってもたかがかゆみと軽視しないで、様子を見て専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは避けましょう。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを手に適量を取ってよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

濡れた髪は、乾いたタオルで大方の水分を取った後、ドライヤーの熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

これにより頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。