頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、結構ひどい見た目でまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

 

 

時には、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺や汗腺がとても多く常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じだと認識しましょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供であっても痛い、かゆいと感じたら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

ご参考までに痒みのメカニズムのお話しです。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると動き出す物質です。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」が集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が作り出します。

 

それらの物質が「かゆみ神経」を刺激することで「かゆい」という感覚が生まれます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは繰り返されるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として最も重要なのは、触れないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、簡単に見えないことが多くそのため指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に付着しているためです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも、できものができている部分に大量の雑菌が付けば、それによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、天気に関係なく外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないように心がけます。

 

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることは重要です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、根本的には、生活習慣の改善が必要かもしません。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、原因になりますので、それらに注意また改善の努力が必要です。