頭皮に赤い部分があるときの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

シャンプーと言えば、その用途から洗浄力を当然持っていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

 

硫酸系の成分は、洗う力は強いのですが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを引き起こします。

 

そのようなシャンプーは毎回使うことで頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、無条件には安心できません。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、頭皮に力づくで容赦のない洗い方はしない方が無難です。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、シャンプー後のすすぎが不十分でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

 

同時に外部の刺激に強く健全な頭皮にすることが大切です。

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、炎症も併発している可能性があり、症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

 

素人判断で症状が悪化しないように明確な根拠で正しい治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

 

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力アップは、できものやニキビができにくい肌にし、正常なターンオーバーは、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今日からできることがありますので、お伝えしましょう。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。