頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

そのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭のケアは、保湿と洗髪がポイントです。

 

洗髪は、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もします。

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるの繰り返しで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように症状が進行します。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症が治らないときは、患部と枕カバーが擦れることで、治りにくいということがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

 

かゆい、痛い等と症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、焦って病院の診察を受けようとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥など様々なことをきっかけにして発症します。

 

フケや痒みについては、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、その代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、市販薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

人の肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

 

余分に分泌された皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みのサイクルとなってしまいます。