頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、痒みがあるということは、

頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうためその先には、抜毛症につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

 

また外部の刺激に強く健全な頭皮にすることが大切です。

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、タバコを止める、アルコールはほどほどに、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、結構ひどい見た目でまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?

 

時には、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

わかっているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、分泌も活発です。

 

頭皮の皮脂腺については、体の中で頭皮が一番多くその数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じだと認識しましょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いというなら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

赤いブツブツと強い痒みがあるなら日本皮膚科学会によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みを覚えます。

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと症状が似ているので専門医ですら判断するのが難しく、素人ではほぼ無理です。

 

予防のためには、まず疑うことから始めるのが賢明です。