頭皮のできものの対処法として一番良いことは、その「できもの」を触らないということです。

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

 

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、簡単に見えないことが多くしっかりと観察できないから指先を使って確認したくなってしまいます。

 

しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも患部に雑菌が付くとそれによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、余分な脂が毛穴に詰まることで起こる炎症ですから皮膚の再生サイクルを正常にすることが必要です。

 

同時に外部の刺激に強く健康な皮膚にすることが重要です。

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と思われます。

 

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で28日かけて肌の角質に変わります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥に弱い刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと古い角質が肌の表面に残るので、肌がくすんで見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力を向上させ、肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、正常なターンオーバーは、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがいくつかありますので、ご紹介します。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このようなことが熟睡するコツで、睡眠の質を上げることができます。