頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

まずはシャンプー前にブラッシングです。

 

 

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

水分は、タオルで押さえるようにして水分を吸い取るようにしましょう。

 

その後に必ずドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

生乾きの状態は雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、頭皮の清潔さを維持することです。

 

清潔にするためには、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

次に刺激の少ないシャンプーをよく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、ゴシゴシや爪を立てることはやめましょう。

 

泡は十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として最も重要なのは、触れないということです。

 

痒いならなおさらです。

 

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、簡単に見えないことが多くそのため指先を使って確認せざるを得なくなります。

 

ただし、繰り返しになりますが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が常在しているからです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、そのせいで状態が症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、毛穴にそれらが留まってしまうことで起きます。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となってにきびになります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が密集している上に皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい条件となっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。