頭皮のにきびは、皮脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常にすることが大切です。

また外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが重要です。

 

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

総じていえば生活習慣を見直して、頭皮を優しくケアすることがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めにシャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

 

赤い部分は炎症なので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー剤を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も再チェックしましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

しっかりシャンプーの泡を作って泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)しっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただ、掻くという行為は肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。

 

天気に関係なく外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないように心がけます。

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することが大切です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないように努力します。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。