頭皮のにきびは、皮脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが大切です。

また外部の刺激に強く健全な頭皮にすることが大切です。

 

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散のやり方がわからないという人が多いのも事実です。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本になります。

 

ストレスの元凶が「職場や学校」や「他人」などであれば、自分だけの場所や時間を探し出すことで離れやすいと思います。

 

家の中や自分自身の場合は、割り切って受け入れることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなるだけでも改善が期待できますので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮の炎症は、主に2つの原因があります。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

 

皮脂が余計にあると炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないです。

 

皮脂が頭皮に適量あると頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、そのままにしておくと皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激してしまうになるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や正しくない洗髪で、その必要量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が小さくなったことを意味します。

 

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線のせいで炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べて排せつ物が頭皮を刺激し、炎症を起こすことです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。