頭皮のにきびは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常にすることが大切です。

また外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

 

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

総じていえば生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは特に痛くないと病気としてとらえない人は、焦って病院の診察を受けようとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって発症します。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、排せつ物が頭皮を刺激し、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でも薬で対処する方が治りは早いですね。

 

治らないということはまずありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力を向上させ、肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このようなことが熟睡するコツで、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、その「できもの」を触らないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、まず直接見ることはできません。

 

そのため指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

ただし、繰り返しになりますが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも患部に雑菌が付くとそのせいで状態がさらに悪くなる可能性があります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触らないことが最低限必要なこととなります。