頭皮のにきびは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

また外部の刺激に強く健康な皮膚にすることが大切です。

 

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする、等です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によってはご自身の努力だけでは治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん治るか治らないか、それすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などです。

 

素人判断で症状が悪化しないように明確な根拠で正しい治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほど強い洗浄力はなくても構わないので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、頭皮との相性と合わないこともないとは言えないので、そういったことも踏まえた上でシャンプー商品を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も見直しましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)しっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとニキビやできものを作り出す原因となります。

 

そのことからストレスは溜めないで、生活することが大事というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散のやり方がわからないという人が多いのも事実です。

 

「この方法なら誰でも発散できる」というのはありませんが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本になります。

 

ストレスの原因が、たとえば家の外であれば、自分だけの場所や時間を探し出すことで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、割り切って受け入れることからスタートしてみませんか?

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなるだけでも改善が期待できますので、ストレスをちょっとでも発散できる方法を探してみませんか?