頭皮のにきびは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが必要です。

同時に外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

 

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする、等です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

 

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗って良いでしょう。

 

水分は、タオルで押さえるようにして吸い取るイメージです。

 

その後に必ずドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎないように注意してください。

 

できるだけできもの箇所には付けないようにします。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、頭皮の清潔さを保つことです。

 

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

次に刺激の少ないシャンプーをよく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのはやめましょう。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意してください。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

痒みがあるということは、頭皮のトラブルが(症例は画像検索して参照してください)思われるので、頭皮のかゆみを放っておくともっとひどくなり、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

それは子供でも同じで、間違った治し方だと痛い・かゆいが治らないことも考えられます。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛に直結ということではないですが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスや自律神経の乱れ、刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、それらは薄毛を発症させることもあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬でかゆみなしとなってもたかがかゆみと軽視しないで、何日か続く場合は皮膚科を受診しましょう。