頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケアのやり方を見直すことも大切です。

まずはシャンプー前にブラッシングです。

 

 

次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

健康な個所は、指の腹でマッサージをしながら洗っていいですね。

 

水分は、タオルで押さえるようにして吸い取るイメージです。

 

その後に必ずドライヤーで髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、それはできものができやすいことを意味しますので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎないように注意してください。

 

できるだけできもの箇所には付けないようにします。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは避けましょう。

 

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

濡れた髪は、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることは重要です。

 

だから皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

 

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。