頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、

それ以外にご自身ができるのは、清潔な頭皮を保つことです。

 

 

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることはやめましょう。

 

泡はお湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

ご参考までになぜかゆみを感じるかご説明します。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

炎症が起きている皮膚の中では、「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」が集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を作り出します。

 

それらの物質がかゆみを感じる神経を刺激するため人はかゆみを感じます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地上に降り注いでいますので、天気に関係なく外に出るときは、帽子などで紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することが大切です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないように努力します。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。