頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、

それ以外に本人ができることは、清潔な頭皮を維持することです。

 

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、小さい埃や皮脂は結構洗い流せます。

 

次に刺激の少ないシャンプーをよく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、ゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

泡は十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意してください。

 

 

 

 

 

頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

○○硫酸は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを引き起こします。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

アミノ酸系の成分にもいろいろ性質が違うので、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てたり、頭皮に力づくで容赦のない洗い方はしない方が無難です。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、シャンプー後のすすぎが不十分でシャンプー剤も汚れも洗い残すと頭皮に炎症を起こす原因なるでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地上に降り注いでいますので、晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に届かないように心がけます。

 

また、紫外線に負けないよう健康な頭皮にすることが大切です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないように努力します。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があります。

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮が乾燥していることです。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

 

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことです。

 

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から守る機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、そのままにしておくと酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤や正しくない洗髪で、その必要量が満たせないほど洗い流してしまった場合などは、頭皮が皮脂によって守られる作用が小さくなったことを意味します。

 

そういった状態で紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線の影響で頭皮に炎症が起きるというわけです。