頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、日本皮膚科学会によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みを覚えます。

 

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく肌の見た目で判断するようです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、まして素人ではほぼ無理です。

 

予防・対策のために誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

肌にできるニキビと頭皮にきびは、どんな違いがあるでしょう。

 

かゆい思いをするのが同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治らないと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、医学上は同じです。

 

顔と頭、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭皮については、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そういったことで、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

男性でも女性でも将来ハゲるだの既に生え際がハゲただの悩みは尽きません。

 

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの対策方法は原因をなくすことが大切で、少なくても頭皮を清潔(画像)にすることですので、洗髪には注意が必要です。

 

たとえば、頭痛があってフケだらけなら市販薬では治らないケースがほとんどで、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

 

頭皮にニキビがたくさんできた、またはできやすい人は、洗髪のやり方を見直しましょう。

 

大事なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を頭皮に直接つけないこと、毛穴に詰まった汚れはしっかりとること、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは毛穴に残らないように十分にすすいで流しきることです。

 

洗髪後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは避けましょう。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

基本は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、手に適量を取ってよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮をマッサージするようにまんべんなく洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがないようにしましょう。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方もありますが、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。