頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気の可能性もあります。

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みが出ます。

 

 

人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬よりノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく肌の見た目で判断するようです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、まして素人ではまず判断することはできません。

 

予防のためには、まず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

頭皮に限らず肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こす原因となるわけです。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

 

余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?

 

時には、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺や汗腺がとても多く常に分泌しています。

 

頭皮の皮脂腺については、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供であっても痛い、かゆいと感じたら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないために洗髪は、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせよく泡をたたせます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の腹で頭皮をマッサージするようにまんべんなく洗いましょう。

 

泡を流すときは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

これにより頭皮の湿疹が治らないということがないようにしましょう。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方にしたいと思った場合、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?