頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、

症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

 

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。

 

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合はシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、清潔さを維持しながらもシャンプーの回数を減らすと良いでしょう。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬では永遠に治らないこととなり、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

 

「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

 

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

健康な個所は、指の腹でマッサージをしながら洗っていいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

 

後は、ドライヤーで髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、それはできものができやすいことを意味しますので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎないように注意してください。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付けないようにします。