頭皮湿疹が特に痛くないと特に痛くないと病気としてとらえない人は、

焦って病院の診察を受けようとしない。

 

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって発症します。

 

フケや痒みについては、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、その代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

 

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは、皮脂の過剰分泌を誘発し、余分な皮脂はできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが理屈ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。

 

「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶がたとえば家の外であれば、自分だけの場所や時間を探し出すことで離れやすいと思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、良くも悪くも割り切って認めることからスタートしてみませんか?

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど解消されやしので、ストレスをちょっとでも発散できる方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの理由とは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーは、その用途から洗浄力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

○○硫酸は、洗う力は強いのですが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを引き起こします。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、無条件には安心できません。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

口コミなどを参考にシャンプー選びに注意して使いましょうね。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、頭皮に力づくで容赦のない洗い方はしない方が無難です。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を洗い残すと頭皮に炎症を起こす原因になってしまいます。