頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を小さくする方が良いです。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方がわからないならば、皮膚科医を受診することで医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

頭皮に限らず肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こす原因となるわけです。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと特に痛くないと病気としてとらえない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって発症します。

 

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症からなるものです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできた場合、まず最初にすることは現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

できものができてしまった頭皮からできるだけ負担を取り除く必要があります。

 

シャンプーの刺激が原因なのか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、二日に1回にしてみます。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__健康な頭皮に痒みは出ないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると認識して良いでしょう。

 

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうためその先には、抜毛症につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、傷がもとで痒くなるという悪循環になる危険もあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら原因を明確にしなければなりません。

 

そのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。