頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

痒みがあるということは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛が目立ち始めると薄毛になってしまう危険があります。

 

 

子供でも同様に治し方を間違えると痛い・かゆいが治らないことも考えられます。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること間違ったシャンプーなどがあり、それらは薄毛を引き起こすこともあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になっても痒みを軽く考えず、何日か続く場合は皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、触れないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

そのため指先を使って確認せざるを得なくなります。

 

しかし、くどいようですが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が常在しているからです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも患部に雑菌が付くとそのせいで状態がさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めに洗髪全般を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言い切れません。

 

そういったことも踏まえた上でシャンプー剤を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も再チェックしましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

しっかりシャンプーの泡を作って泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)しっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。

 

清潔にするためには、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

シャンプー前にブラッシング、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これにより小さい埃や皮脂はだいぶ落とせます。

 

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、ゴシゴシや爪を立てることはやめましょう。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしてください。