顔にできるにきびと頭皮にきびは、どんな違いがあるかご存知ですか?

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治らないと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

 

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔と頭、原因はどちらも毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔でも頭でも条件が揃えば、赤く吹き出ます。

 

頭皮については、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔面のにきびほど目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そういったことで、頭にできるニキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで起きます。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、通性嫌気性菌のアクネ菌が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい環境になっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と考えられます。

 

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で28日かけて肌の角質に変わります。

 

この肌の循環の周期が短くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥に弱い刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと古い角質が肌の表面に残るので、肌がくすんで見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛の対策につながります。

 

痒みがあるということは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)思われるので、頭皮のかゆみを放っておくとますます状況が悪くなって、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

それは子供でも同じで、治し方を間違えると痛い・かゆいが治らないことも考えられます。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛に直結ということではないですが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、それらは薄毛を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなってもたかがかゆみと軽視しないで、様子を見て皮膚科を受診しましょう。